祝島へ

山口県の祝島(いわいしま)へいってきました。
愛媛からもすぐ近くの島です。
はじめてその名を知った時、おとぎ話かとおもいました。
対岸に上関原発が建設されようとしていて、大半の住民が反対、
鎌仲ひとみ監督の新作「みつばちの羽音と地球の回転」でも
大きく取り上げられている島です。
若者中心に注目されていますが、マスコミはほとんど取り上げません。
中国電力は強引なやりかたで建設を強行しようとしています。
友人たちがシーカヤック隊として埋め立て工事阻止行動に参加したり
島を訪れ発信したり、友人が集まればいつも話題になる島です。
でも、それだけの島ではないのです。
とても美しい島でした。
車ははいれません。客船で向かいます。
おりると民宿くにひろの御主人が迎えにきてくださっていました。
「練塀」の路地は美しく、先人が組んだ石組みもすばらしい。
夜は国広さんから島の歴史、暮らし、原発のことなど
いろいろお話を伺いました。
今は500人のこの島にかつては4000人が暮らし、
米も自給していたそう。
感動!!石組みで田畑を切り開き、米を作り魚をとり暮らしてきた。
食料が自給できるということは、力があること。独立国だ。
翌日は国広さんとサイクリング。ブタの放牧場へ。
静空は父さんがおんぶ、、、島のおばあちゃんたちの人気者に。

午後は島をはなれ原発建設予定の美しい浜、田ノ浦へ。
この美しい浜を埋め立て原子力発電所を建てようというのです。
放射能汚染も心配です。浜の山側ではすでに工事がはじまっていました。
祝島の漁師さん達やシーカヤッカーたちは身をはってこの自然を、、、
命を守ろうとしているのです。
愛媛では伊方原発で危険なプルサーマルが始まろうとしています。
県議会に傍聴にいったり、県議会議員さんと会って話をする会をひらいたり
自分達ができることをやっています。
祝島については、ずっと話に聞くだけだった私達。
実際に行って、、、、
島も浜もとても美しく、美しいだけに、切なくなりました。
・・・・まだ、建てられるときまったわけではありません。

10022001.jpg
練塀(ねりへい)の路地を通って民宿へ。
10022002.jpg
手で組み上げた石組み。この上に学校が。児童は3人。
10022003.jpg
国広さんの案内で路地散策
10022004.jpg
島をサイクリング。ほとんど車はない。必要もない。
10022006.jpg
路地で会った山戸さんからもらったみかんをブタのえさに
10022007.jpg
祝島から一緒になった友人T君にシーカヤックにのせてもらった杏月
10022008.jpg
カヤックに乗った海、振り向けば、すでに、、、

コメントの投稿

非公開コメント

No title

祝島のお話、今日まで知りませんでした。
他の場所でも、同じようなことが起ころうと
しているとのこと。

何かを犠牲にしてまで作らなくては
いけないものなんでしょうか・・・

神の作った自然を粗末にすると
そのうちおおきなしっぺ返しがくるような気がして
恐ろしいです・・・

大きな行動はなかなかできなくても、
こうやって見たこと聞いたこと、
少しでも多くの人に知ってもらうことって大切だと思います。

杏月ちゃんの、リュック・・・
言われるまで気付かなかったよ・・・懐かしい♪♪

原発建設が予定されている上関は松山から近いのです

知ってもらって、感じてもらえて、よかった。
実は松山から伊方原発も祝島対岸にできる上関原発も
同じくらいの距離です。近くに二つも原発があるということ。
祝島の多くはお年寄り。
そのお年寄りが毎週原発反対のデモ行進をしているそう、、、。
といっても、小さな島で行進というほどでもないと思うけど
それを続けているのがすごい。
30年もこの問題に直面して年とってしまった多くの人々。
まずは、そうゆうひとびと、そうゆう場所に
思いを寄せる、、、それだけでも、なにか違うと思うのです。
民宿のご主人とわかれるとき「遠くからですが、思いをよせています」と
いうのが精一杯でした。でも、かたく握手して下さいました。
「上関がとまれば、伊方のプルサーマルも止まるかも知れませんね」と。
その伊方のプルサーマル、とうとう動き始めてしまいましたが
よい方向へ動くよう、少しずつでも自分もうごくこと、、、。
今日は日曜市でも友人がつくってくれた原発を知ってもらうパンフを
たくさん配ることができました。
> 杏月ちゃんの、リュック・・・
> 言われるまで気付かなかったよ・・・懐かしい♪♪
リユースさせてもらって、気持ちいいです。ありがとう。
プロフィール

nazukizuzu

Author:nazukizuzu
愛媛県の内子町で暮らす夫婦と娘2人の家族

自給自足的農業。米、小麦,雑穀、豆、野菜,果物など年間
100種類ほど作付け。無農薬無化学肥料、すべて露地で
不耕起・草生栽培です。家づくりも土壁塗りから自分たちで。
囲炉裏、薪ストーブなど火のある暮らし。二人目は自宅で
家族だけで出産。
自家製酵母パンやお菓子、保存食、味噌づくりなど手づくりを楽しむ暮らしをし、「手づくり市」などイベントも行っています。
2000年に内子に引っ越して来て農業をはじめはや10年以上になりました。 
援農歓迎 まずはメールください
iroha_ami@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
新鮮無農薬野菜の宅配
宅配バナー
検索フォーム
オススメの本
リンク
  
Thanks!

nazuki_bana_200.gif
消しゴムはんこ制作:
はんこや象夏堂・津久井智子
QRコード
QRコード