スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草びっしりのウチの畑

車に乗っていると道沿いの畑が気になり観察します。草がまったくない乾いた土の中に
野菜だけが植えられている畑が目につき、不自然な光景に違和感を感じます。
ウチは草をはやす草生栽培なので緑のじゅうたんの中に野菜が出来ています。
時には草整理が追いつかず野菜が草にうもれてしまっている様な時もありますが・・・。
よく「草に栄養をとられないか」といわれます。そうゆうこともあるかもしれませんが
草は刈っては敷き刈っては敷きするのでそこに有機物として堆積し、栄養となり循環する
と考えています。やがて土が肥えふかふかの畑になる日が来るのを楽しみにしています。
  ところで、7ヶ月の私のお腹は急に大きくなりしゃがんで畑仕事をする時も
  つっかえるようになりました。いつまでどのくらいの畑仕事ができるのか?
  安産のためにもできるだけ畑に出ようとは思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nazukizuzu

Author:nazukizuzu
愛媛県の内子町で暮らす夫婦と娘2人の家族

自給自足的農業。米、小麦,雑穀、豆、野菜,果物など年間
100種類ほど作付け。無農薬無化学肥料、すべて露地で
不耕起・草生栽培です。家づくりも土壁塗りから自分たちで。
囲炉裏、薪ストーブなど火のある暮らし。二人目は自宅で
家族だけで出産。
自家製酵母パンやお菓子、保存食、味噌づくりなど手づくりを楽しむ暮らしをし、「手づくり市」などイベントも行っています。
2000年に内子に引っ越して来て農業をはじめはや10年以上になりました。 
援農歓迎 まずはメールください
iroha_ami@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
新鮮無農薬野菜の宅配
宅配バナー
検索フォーム
オススメの本
リンク
  
Thanks!

nazuki_bana_200.gif
消しゴムはんこ制作:
はんこや象夏堂・津久井智子
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。