人間なんかおらんほうが・・・

12月になってしまいました。気ぜわしい季節です。
ようやく野菜に着く虫も減ってきたような気がします。
ところで先月実習にきた学生さんがたくさんいる蜘蛛を嫌がるので
「蜘蛛は初めはいやだったけど、害虫を食べてくれる味方やけんね、
いやじゃなくなったよ」と益虫、害虫について話すと
「虫なんか全部おらんかったらええのに・・・」とつぶやいていました。
その時は「女の子はみんなこんなもんだ」と聞き流しました。
でもこれは危険な考えだと思いませんか?軽い気持ちで言ったのだと思いますが
まさに人間様中心の現代を象徴していると思います。
きっと虫や動物たちの方が「人間なんかおらんかったらええのに...」と
思っていますよ。 そもそも益虫、害虫と言うのも人間の勝手な言い方で
どちらが悪い訳でもないと言うことを夫はよく言っています。
しかし、作物を食い荒らす虫は私達の長靴の底で退治されてしまいます。
ごめんなさい、虫さん・・・農薬かけて全滅さすようなことはしませんから。
無農薬でやっていると益虫害虫のバランスが出来てきて虫食いも減るそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nazukizuzu

Author:nazukizuzu
愛媛県の内子町で暮らす夫婦と娘2人の家族

自給自足的農業。米、小麦,雑穀、豆、野菜,果物など年間
100種類ほど作付け。無農薬無化学肥料、すべて露地で
不耕起・草生栽培です。家づくりも土壁塗りから自分たちで。
囲炉裏、薪ストーブなど火のある暮らし。二人目は自宅で
家族だけで出産。
自家製酵母パンやお菓子、保存食、味噌づくりなど手づくりを楽しむ暮らしをし、「手づくり市」などイベントも行っています。
2000年に内子に引っ越して来て農業をはじめはや10年以上になりました。 
援農歓迎 まずはメールください
iroha_ami@yahoo.co.jp

最新記事
カテゴリ
シンプルアーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
新鮮無農薬野菜の宅配
宅配バナー
検索フォーム
オススメの本
リンク
  
Thanks!

nazuki_bana_200.gif
消しゴムはんこ制作:
はんこや象夏堂・津久井智子
QRコード
QRコード